2015年12月14日 (月)

飽き性であることを許せない人へ

Taizo_013_r






これまで私の周りには『飽き性』であることをネガティブに捉える人達が少なくなかった。

だから私も、飽き性である自分に引け目を感じていたものだ。


しかし『すぐに飽きるということ』、それは外界からの刺激に対して

すぐに順応できるということであり、つまり環境変化への適応力が高いという証拠でもある。



「継続すること」=「同じであること」を求めるのは『生命の性』であり、

そして生命普遍の原理ではあるが、

日本の古い社会観ばかりに依る人達は、他の存在にそれを強く求め過ぎる嫌いがある。




『飽き性』も素晴らしい能力でありギフトだ。


飽き性であることを恥じなくても良い。


その能力を素直に伸ばしてやれば良い。



飽きるのが早ければ、それだけあなたの人生はより多くの経験と感動に恵まれる。


その経験は他者の役にも立ち、

その感動はあなたを形作っている数多の生命の喜びにもなっている。




あなたはあなたの天分を素直に伸ばしてやればそれで良い。

素直になれない自分も、そっと許してやればそれで良い。



飽き性であることも素晴らしい能力であり、ギフトなのである。




なぜ感動が生命の喜びになるのか?については、別記事「食育が伝える祝福の心」を参照




有機野菜100%宅配サービスのビオ・マルシェ体験ブログ

 
画像をクリックしてご覧ください↓ ↓ ↓

Y1




2015年11月 2日 (月)

「若さ」を育む2つの秘訣とは?



私は人からよく「若い」と言われるのだが

会う人会う人皆そう言うので、それはお世辞ではなく

実際に若く見えるのだろう。



私が思うに、若く在るにはコツがある。



Nyuugaku



ひとことで言えば『自己イメージ』



若く在るために重要なのは「自己イメージ」であり

「若く在り続ける自己イメージ」「想像し続ける習慣」


”その習慣を身につけること”が何より大切だ。



若さを維持するためには

食習慣や運動習慣に気をつけることが大事だと

一般的には言われているが


しかし先に「若く在り続ける自己イメージ」が確立されてなければ

残念ながら「若く在り続けるためにふさわしい習慣」は、おそらく身につかない。



6b576c6537e828b6ae04bbf396922a34_s



先に「若く在り続ける自己イメージ」が確立されてなければ

食習慣や運動習慣にどれほど気をつけたところで

それを維持することができないのだ。


気をつけて選んだつもりの行動(習慣)が

じつは自身の若さを損なうものであったりすることも往々にしてある。



いくら気をつけたところで、従来の自己イメージを変えなければ

「現状維持」を変えることはできないし

その「現状維持」が「若さ」に結び付くこともない。



若く在りたければ、まずは若く在り続ける自己イメージを確立しよう。


若く在り続ける自己イメージを想像する習慣は

自分自身の若さと柔軟な心をつくる行動習慣へとつながる。



4f1b207b4b582043fca733a43469f6e7__2



若く在るためのコツには「自己イメージ」の他にもう一つ


「年齢をあまりネガティブに考えないこと(年齢を意識しないこと)」

が挙げられるだろう。



年齢をネガティブに意識して、それから逃れようとすればするほど

そのネガティブに意識した年相応の自分になってしまう。



Adb1ae375143d475709b2bee5836197c_m



例えば、あなたの実年齢が41歳だとしよう。


そこであなたが

「もう41歳だよ、あー年をとるって嫌だねー」と否定してばかりいると


そうやって否定すればするほど、あなたは無意識に

「年をとること(=老け込むこと)」にフォーカスし続け

”あなたの意識とは裏腹に”、よりいっそう老け込む行動習慣を

”無意識に”選び続けるハメとなるのだ。



Okaasantoakatyan



ネガティブな自己イメージを想像し続ける習慣を持っていると

自分の意識で何を想おうが、その意識とは関係なく

そのネガティブな自己イメージにふさわしい自分自身を育て続けることになる。



冷静に考えれば分かることだが、年齢などしょせんただの記号だ。

年齢は他人に示すための記号でしかないことがほとんどだ。



9b5886785bb7481d1a234da71c3edf87_s



10代や20代で、すでに人間的な成熟を果たしているかの様な人もいれば

70代になっても未熟と思われざるをえない様な人もいる。



しょせん年齢は、ただの数字や記号にしか過ぎない、ということを理解し

数字や記号に囚われない若さに満ち溢れた「自己イメージ」を想像しよう。


より良いあなたの自己イメージを想像し続けよう。


若く在り続ける自己イメージを想像する習慣は

自分自身の若さと柔軟な心をつくる行動習慣へとつながる。



030826



この世は諸行無常。常は無し。


だからこそ世間一般の「常識」にとらわれることなく

いつでも新しくフレッシュな自分の心と肉体を創造していこう。



2015年10月20日 (火)

人生が過ぎるのはあっという間。。それって本当?



明日はタイゾーさん41歳の誕生日だ。

E0944a5974e5e7e642fab762c55c3009__2


世間の人の中には



「30から40になると次はあっというまに50だよ」


 とか


「年をとればとるほど時間が経つのが早く感じるようになるよ」



などといった辛辣な意見をいう人もいるが



・・・だが、しかし



少なくともタイゾーさんにとっては


それは真っ赤なウソだ。

246447

タイゾーさんの過去を振り返った時



「30代はあっという間だったなァ。。。」


とか


「もう41かぁ。。40歳が終わるの早かったなァ。。。」



などと思うようなことは全くない。



強がりでも何でもなく、過去を振り返ってみれば


30代も40の年も、じつに様々な記憶に満ち溢れている。



タイゾーさんの過ぎ去った時の中には


ここにはとても書ききれないほどの記憶を


自分の思い出としてしまってある。



タイゾーさんの時はそんなに軽くはない。



とくにこの40という年は、本厄の年と言われているにも関わらず


最良の思い出を、これまで以上に多く得ることができたと思っている。

9a3ca23c3a7f2401cca61e3e2d0e4cb1_s




また、「20代や30代の頃に戻りたい」


と、冗談めかして言う人も少なくないが


自分は20代や30代に戻りたいなどとも全く思わない。



なぜならタイゾーさんの人生は


今が史上もっとも充実しているからだ。



過去に戻りたいという人は、おそらく


今を生きることが苦手なのだろう。



今を生きること、今の時を感じることから目を背ければ


時が経つのはあっという間だ。



過ぎ去った過去や、未だ来ない未来に


囚われてばかりいれば、後の記憶は『虚無』となる。




・・・・タイゾーさんは

今年も史上最良の時を得ることができた。


しかも今年はまだ2ヵ月以上もある。



これからもお互いどうぞ最良の時を感じ合いましょう。


3ff4da1d15226a1144ec9cb17e656b62_s




----------------------- PR -----------------------

【必見】 月に一度の断捨利day!
不用品のお得な高価買取店ランキング情報をチェック♪