« アファーメーションについて説明した記事が検索上位にあったので。 | メイン | ごはんに感謝!絵日記23年の福井新聞記事をみて »

2013年12月29日 (日)

子供の臭いを消す消臭スプレーのマーケティングをしていて思ったこと

 

先日、とある事情で「消臭スプレー」のマーケティングをしたところ


楽天の消臭剤ランキングで次のような結果が出ていた。

 

 

Photo_4

 

 

 

第1位の商品は、赤ちゃんがいる家庭で人気だという


消臭・除菌スプレー「アンチウイルスアクア」だ。


 

以前の自分は、こうした結果を見るたびに

 

いつも次のように悲観していた。


 


「こうした殺菌スプレーを支持する大人が増えるから、

アレルギーを発症する子供が増えるのだ」

 

・・・と。

 

 

以前の自分はそうやって『他人の不幸な未来』を想像していた。

 

未来に勝手に人の不幸を想像しながら、自分の中に不安を生み出していた。


 

 

 

・・・しかし、今はもうどうでもいい。


もう今の自分はそんなことは考えていない。


 

今でもそういった想像をすることはあるが、

 

しかし、今はもう何も心配していない。


 

殺菌スプレーを使おうが、支持しようが、


将来、あなたが必ずアレルギーになるというわけではない。

 

あなたの子供がアレルギーを発症するという保証もない。


 

全体的に見た「情報」だけでいえば、

 

アレルギーを発症する人が増えることは確実性の高い話ではあるが

 

しかし、あなたやあなたの関係者がアレルギーに悩まされる恐れなど

 

何の保証もない、不確実性の高い話でしかない。


 

だから、そんな未来を想像する必要はないし

 

当然、心配もする必要もない。


 

だから「今」はどうでも良いのである。


 

そもそも、殺菌スプレーを求める人たちは

 

雑菌の影響による自分たちの不安な未来を想像して、

 

その不安を解消するために、殺菌スプレーを使用して

 

そうやって「今」に安心を得ている。


 

そうして「今」に喜びを得ているのだから、それで良い。


 

こちらが不安な未来を想像する必要などない。


心配する必要もない。


 

殺菌スプレーを使用して、それで喜んでいるのだから

 

どうあってもそれで良いのである。



 

・・・まぁ、とはいえ

 

当方は、そういった喜びを分かち合うつもりは毛頭ないのだが。



 

世間一般に販売されている「除菌スプレー」というものは

 

薬事法の関係で 「殺菌」という表記はしてはいけないことになっている。


 

だから「殺菌スプレー」ではなく、「除菌スプレー」という呼称でしか

 

一般には出回らない。


 

しかし、この「除菌スプレー」という言葉には、どこか柔らかい雰囲気があるが

 

実際には、あらゆる菌類を皆殺しにする「殺菌スプレー」である。


 

 

菌類を皆殺しにして、何が問題あるのか?

 

という疑問を持つ人もおられるかもしれないので

 

ハッキリ言っておこう。

 

 

人は、我々は、過去も未来も今も、常に

 

幾百兆もの菌と共生している。


 

菌が居なければ、我々の存在はありえない。

 

体内外に数多くの菌が居るからこそ

 

人としての正常な生活を営むことができるのである。


 

ブドウ球菌やノロウイルスなどは人に害を与える危険な菌だと

 

主張する人たちは枚挙に暇がないが、

 

そういったものは、自分がそれらとの間合いを上手に図ることが大事なのであって

 

除菌すること、殺菌することが大切なわけではない。


 

人体に悪影響を及ぼすような菌類が、必要以上に増殖することがないように

 

自分の環境を調えることが大事なのであって

 

除菌ならぬ殺菌することが大事というわけではないのである。


Photo_5

 

 

 

しかし、何も考えず、大手企業のコマーシャルなどを鵜呑みにする人は

 

そうやって殺菌スプレーを消費することで、今に安心を得ようとする。

 

 

上の評価のように、楽天1位の殺菌スプレーの評価が異常に高いことからも


そうした事実が伺える。

 

 

アンチの意見が一つもないところにも異常性があるといえるだろう。

 

 

そもそも、菌は目に見えないのに、評価のしようがないと思うのだが(苦笑)

 

 

 

フ○ブリーズで有名なP○Gという会社は、アメリカを本拠地とする

 

グローバル企業だが、彼らのCMは問題が多いことでも有名だ。


 

例えば、フ○ブリーズには高い除菌効果があり

 

洗濯しなくても大丈夫であるかのような表現などが

 

誇大広告として以前から何度も問題視されているわけだ。



 

・・・まぁ、しかし、それも別にどうでも良い。


 

そういったCMをあなたがどう受け取るのか?

 

それはあなたの問題であって

 

こちらが心配するようなことではない。



 

こちらができることといえば

 

そういった排他性の高い消臭スプレーよりも

 

もっと建設的な消臭スプレーがあるということを伝えることだけだ。


 

 

例えば、こちらの消臭スプレーなどは、高い消臭効果を長期間持続し

 

衣服や靴だけでなく下着などにまで安心して使うことができる。


 

快適な空間を提供します。消臭商品なら「いい快互服ドットコム」

 

 

このスプレーの最も大きな特徴は

 

使用した衣服それ自体が消臭機能を持つようになるところだ。


 

だから余計な香りを添加する必要もないし

 

後から発生するどんな臭いも衣服自体が消し続けてくれる。

 

 

製品に含まれているアルコール成分には

 

一時的な殺菌効果があるので、それで十分だ。

 

 



高い殺菌効果で楽天1位となっている商品よりも


高い消臭効果、持続性のある消臭効果をもち

 

色々な意味で安全性の高い商品を提案すること


 

それが自分のできる精一杯の誠意であり

 

未来に余計な心配をすることよりも

 

そういった提案の方が100倍ましだと思うのである。

 

快適な空間を提供します。消臭商品なら「いい快互服ドットコム」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/547570/32023267

子供の臭いを消す消臭スプレーのマーケティングをしていて思ったことを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿