« 2014年2月 | メイン | 2014年5月 »

2014年3月

2014年3月 5日 (水)

豊潤沙棘と共感と食育

 

 

 

フィネスの黄酸汁 『豊潤沙棘(ほうじゅんさじー)』

 

 

サジージュース

 

 

 

以前も何度か、玄米屋のHPで紹介したのだが

 

この豊潤沙棘を他人様に紹介しようとする際に


 

 

「メチャクチャ酸っぱいし、特別美味いか?っていうと


・・・まァ、そんなことはないけどね」

 


といったタイゾーの感想を正直に伝えると


 

 

「ふーん・・・」



大抵はこれで話が終わってしまう。



豊潤沙棘

 

 


その後で、「黄酸汁はマジでいいよ!おすすめだよ!」

 

 

と、無理に勧めたところで


 

 「でもマズイんでしょ?」

 

 

とか言われるのがオチなのだ。




これまで黄酸汁を他人様に勧めて


テンションの高い返事が返ってきたことは


残念ながら・・・ないといえるだろう。




美味しいアイスクリームやパンなんかの紹介だと


皆すぐにテンションが上がるようではあるが。

 

 

 

「豊潤沙棘はマズイ」とか「酸っぱい」などといった印象の方が


強いのかどうかは分からないが

 

 

ヒトは美味しいものには簡単に興味を惹かれても

 

そうでないものにはそうそう興味を持たない

 

 

 

やはりそれはどうにもならない現実なのだろう。

 

 

 

サジージュース

 

 

 

・・・じつにもったいない話である。

 

 

 

ネットの口コミなどを見ている限りでは

 

黄酸汁の良さをちゃんと分かっておられる人も

 

決して少なくはないようだが

 

 

どれもわりとイイことばかりが書かれているため

 

もしかすると、そういうのも不信感を引き起こす原因なのかもしれない。

 

 


黄酸汁のメリットについて、あれこれと説明をしても

 

反応はやっぱりイマイチなのである。

  

 

もちろん、単にタイゾーの説明の仕方がヘタクソなだけ!


・・・ということも多分にはあるだろうが・・・。

 


 

豊潤沙棘とお得な割引ポイント

 

 

 

・・・・・しかし、

 

 

ただ健康に良いとか、単純に美味しいなどといったような

 

自分が思ってもいないような、いい加減な説明はしたくないのだ


 

タイゾーさんは。

 

 

 

昔からビジネスは説得ではなく、共感が大切だと言われてはいるが

 


美味しいとか、健康に良いからなどといった

 

そういった”当たり前の感情”の共感ではなく

 

 

まずいと呼ばれるものがあったならば

 

 

 

よっしゃ!ならばそういうヤツこそ

 

いっちょう試してやろうじゃないか!

 

 

 

世間様からマズイと呼ばれるものであったとしても

 

そいつを美味しくいただいてやろうじゃないか!

 

 

 

美味しくいただける自分になってやろうじゃないか!!

 

 


 

・・・・そういった感情の共感を大切にしているのである。


 

タイゾーさんは。 

 

 


 

 


・・・まァ、しかし、ビジネスの場では


そんな風に他人様に共感を求めている時点で


やはりアウトなのだろう。



 

 

黄酸汁にしろ、玄米にしろ

 

それをいかすもころすも自分次第だとタイゾーは思っているわけだが


 

その思いの共感を他人様に求めたところで


やはり幼稚な話でしかない。

 

 

  

  

 

フィネスの黄酸汁 豊潤サジーはこちら 

 

サジージュースの前回の紹介記事はこちら 

 

玄米屋のサジージュース体験ブログはこちら