« 自分をもっと理解しなければいけないのか?そうでないのか? | メイン | 健康のために生きる必要などない »

2014年9月13日 (土)

環境保護事業はビジネスにはならない!?

4b366d73172c182f7989c7eb607b05c1_m




「環境」というのは、個人それぞれに望むカタチが常に異なるから

それぞれに望むカタチが異なる「環境のカタチ」を維持しようと

いくら努力したところで、それはビジネスにはならない。

私が願う「日本(の環境のカタチ)」と

あなたが願う「日本(の環境のカタチ)」

そして、あなたの友人が求める「日本(の環境のカタチ)」

それらはどれも常に異なる。

それぞれに脳みそが違うからね。

同じなのは「日本(の環境のカタチ)」という『言葉』だけ。

「日本」という言葉を「地球」という言葉に替えても

”同じなのは「言葉」でしかない”のは同じこと。

環境保護事業は、相手の望む変化に応えるビジネスではなく

相手の望みと同じであることに応える公共事業。

だから環境保護事業は税金でしか(最終的には)成り立たない。

「日本」や「国」や「市町村」という『言葉』を維持するための

税金でしか成り立たない。

それぞれの「国」という言葉を拠りどころに集められている税金も

そのうち「連盟」とか「統一なんとか」とか

そういった言葉を拠りどころに徴収するようになるかもーね。アルカポーネ。マスカルポーネ。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/547570/32805323

環境保護事業はビジネスにはならない!?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿