« 健康のために生きる必要などない | メイン | なぜ玄米を勧める気をなくしてしまったのですか?という質問への答え »

2014年10月12日 (日)

※今朝の辛かった出来事とは?※

132




もうずいぶんと長い間『苦しい』という感情を感じたことがなかったこの私が

今朝は久しぶりにあぶら汗が滲むほどの苦しさを味わった。



里山の中を散策中の出来事である。




・・・それは不意にやってきた。



そう、意識で出せるのであれば、あらかじめ出しておいたモノを、

私は今朝に限って出さなかったのだ。



猛烈な便意に襲われた私は、

セイタカアワダチソウと蜂達の群れの中で、

勇敢にも野糞にチャレンジしようと試みたのだが、



・・・しかし、イイ年をした大人が野糞をするなど恥ずかしいことだという『固定観念』が、私のチャレンジを阻んだ。




・・・出したくても出せない。



私の心は早く出したいと切望しているのに、

私の頭が『そんな恥ずかしいことはしてはならない』と、

私の願望を堰き止めてしまうのだ。




そうした中で、途中プップともらしながらも、

なんとかブリッともらすことだけは避けながら、

這々の体でセブンイレブンに駆け込んだ私は、

ようやく出すべきモノを出して至福の時を迎えることができた。




・・・いつの時も『苦しみ』という感情は、

出すべきモノを出せないときに味わう羽目になるものだ。



出すべきモノを出せない『理由』、

そうした固定観念を抱える人が、いつだって苦しむ羽目に陥ってしまう。




そんな理に屈してなどいないで、理を解放し、

出したいモノを出すだけで、いつでも至福の時を味わえるのに。




トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/547570/32844003

※今朝の辛かった出来事とは?※を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿