« 2015年11月 | メイン

2015年12月

2015年12月14日 (月)

飽き性であることを許せない人へ

Taizo_013_r






これまで私の周りには『飽き性』であることをネガティブに捉える人達が少なくなかった。

だから私も、飽き性である自分に引け目を感じていたものだ。


しかし『すぐに飽きるということ』、それは外界からの刺激に対して

すぐに順応できるということであり、つまり環境変化への適応力が高いという証拠でもある。



「継続すること」=「同じであること」を求めるのは『生命の性』であり、

そして生命普遍の原理ではあるが、

日本の古い社会観ばかりに依る人達は、他の存在にそれを強く求め過ぎる嫌いがある。




『飽き性』も素晴らしい能力でありギフトだ。


飽き性であることを恥じなくても良い。


その能力を素直に伸ばしてやれば良い。



飽きるのが早ければ、それだけあなたの人生はより多くの経験と感動に恵まれる。


その経験は他者の役にも立ち、

その感動はあなたを形作っている数多の生命の喜びにもなっている。




あなたはあなたの天分を素直に伸ばしてやればそれで良い。

素直になれない自分も、そっと許してやればそれで良い。



飽き性であることも素晴らしい能力であり、ギフトなのである。




なぜ感動が生命の喜びになるのか?については、別記事「食育が伝える祝福の心」を参照




有機野菜100%宅配サービスのビオ・マルシェ体験ブログ

 
画像をクリックしてご覧ください↓ ↓ ↓

Y1