2015年9月13日 (日)

男は女を愛するときに最も成長する



男の身体を成長させてくれるのは食糧とストレス

そして男の心を成長させてくれるのは女だ。


母も、恋する人も、袖すり合う縁の女であっても

女の存在こそが男の心を成長させる。


男は女を愛するときに最も成長することができるのだ。


女を愛することでどのような結果になろうとも

そのすべてが男の成長の糧となる。


だからこそ女には常日頃から感謝をもって敬い

どんなときも感謝を形にして伝えよう。


それは新たな成長の機会を運んでくれるだろう。




男の成長に年齢は関係ない。

男に限らず人はいくつになろうとも成長することができる。


いかなる状況になろうとも 死が迎えに来るときであっても

いつでも新たな成長の機会がそこにある。


「お前も年をとってみれば分かる」

そんな皮肉屋の言葉は受け取らなくてもいい。

分かち合わなくても良い。


お前はいつでも、いくつになろうとも

いかなる状況にあろうとも成長することができる。

いつでも新たな自分になることができる。


この言葉を分かち合おう。



4b366d73172c182f7989c7eb607b05c1__2







2015年3月 3日 (火)

今、苦しくてお金を貸りたいという人へ




人間の苦しみの原因は、鳥の眼で見ればいつも決まっている。


人間の苦しみは決まって、理に屈することに依って生じる

”詰まり”が原因となっている。

人間はただ世の流れを感じながら動くだけで

人の世を楽しめるのだが


そうであるにも関わらず

理に屈している人はその流れに”詰まり”をつくり

自ら動けなくなってしまう。


がんじがらめになった苦しみから逃れるために

金を求める人も少なくないが

しかし、金で”詰まり”を取り除くことはできない。


金で苦しみを解消しようとしても、その詰まりが消えることはない。


一時的に苦しみを忘れることはできるのだが、結局は後々の苦しみが増すことになる。

それは知っておいたほうが良いだろう。



「金」とは、その本質は「人間の感情」でもあるから、

理に屈することで生じた詰まりを「金」=「感情」で解放しようとしても

それは”理屈が合わない”のである。



詰まりを取り除き、詰まりによって生じた苦しみを

解放することができるのは「理」だけだ。


「理」は人間の苦しみの原因にもなるが、喜びの原因にもなる。


”過去”と”未来”と”今”


その三千世界を知る王者たる人の

理を解き放つ「理解」こそが、詰まりを解消し

人間の苦しみを喜びに還すのである。


”詰まり”を吉とするか?凶とするか?


それはあなたの理解次第だ。


タイゾーさんは手を差し伸べることは出来ても

その手をつかみ、離さずに居られるかどうかは

それは全てあなた次第なのである。


願わくば、あなたの”詰まり”をその言葉のまま

”吉”として欲しい。

 

高級ホテル・旅館の格安予約サイト【一休.com】 最大60%OFFで予約可能!お得なプランも満載!

2015年2月 7日 (土)

「学び」の本質から「食育」の本質を鑑みる



「学び」とは何か?



「学ぶ」という言葉の語源

それは「真似る」にあると言われている。


すなわち「学び」とは他人の真似をすることだとも言えるだろう。



ちなみにその際に、上手くいっている人を真似するのも

上手くいっていない人を真似するのも

どちらも学びであることには違いない。



・・・だが、どうせ真似をするなら

上手くいっている人から学んだほうが良いに決まっている。


しかし案外、私たちはそれが出来ない。


自分の頭では「上手くいっている人の真似をすれば良い」と理解していても

自分の心がそれを拒否してしまうのである。



それは一体なぜか?



「学び」=「真似」を拒否してしまう理由とは?



学びを阻害するのは「我」だ。


心が無意識に「学び」を拒否し、


~「私」はあの人とは違う、あの人と同じことはしたくない~

~「私」には出来ない、できっこない~


そうやって頭で”拒否の理屈”をつける。



「私」という「我」はいつも

学び=真似をとにかく難しい行為へと導いている。



・・・そこで思うに、「我」とは何だろう?

「私」とは一体何なのか?


「我」や「私」などといった抽象的な言い回しを

定義できる言葉はあるのだろうか?



過去の記憶が生みだす反応パターン



結論から言えば、「我」とは『過去の記憶』だ。



それぞれの生命体がこれまでに蓄えてきた様々な記憶情報。


その過去の記憶情報こそが「我(私)」を決定付けている。


そしてその記憶情報に基づいた様々な反応パターンが

「私」というものを表現しているのだ。



・・・つまり

「過去の記憶」が”新たな学び”を阻害しているのである。



過去と決別できない者が、我に囚われる。


己の意に反して、新たな学び、己の変化を避けてしまう。



・・・ならば、過去と決別し

新たな学びを可能とするためにはどうすれば良いのか?




過去の自分に感謝する



これも結論から言えば、「感謝」しかあるまい。



本当の意味で、過去の記憶が創り出す「私」を変えたいのであれば


意識的な学びを可能とし、過去の自分を乗り越えたいのであれば


その過去の自分、過去の全ての情報に感謝し続けるしかないだろう。




「学びの本質」から「食育」を鑑みる



我々の肉体もまた、これまで食べてきた物質、生命体、食物の

全ての記憶情報を織り成し存在している。



その記憶を乗り越え、新たな私へと生まれ変わりたいと願うならば

あなたをあなたたらしめている過去の記憶情報の全てに


・・・つまり、”あなたを取り巻いてきた全て”に

そして”あなたを取り巻いている全て”に


感謝し続けることで、その願いを果たすことができるだろう。


ビオマルシェのお試し野菜セット(送料無料;1500円)の体験ブログは↓↓↓

http://genmaiya-taizo.com/biomarche1.shtml